heheader

Atelier HitoBito

icon_homeCOLUMN

デザイナーの仕事

テニテオで働くデザイナーの仕事内容を紹介

テニテオのデザイナーは、誌面製作やWEBデザイン、販促物制作など、様々なデザイン制作を行っています。2017年4月に新卒入社したデザイナーから、各媒体の仕事の進め方、使用ソフト、仕事をするにあたり大切にしていることなど、テニテオのデザイナーの仕事内容を取材しました!デザイナーの仕事に興味のある方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

デザイナーの仕事は大きく分けると3つ

テニテオでは、フリーマガジンの発行、WEBマガジンの配信を中心に、様々な事業を展開しています。デザイナーは、それぞれの媒体に合ったデザインを行っています。

① フリーマガジン「パチンコウォーカー」「teniteo」の誌面制作

まず、フリーマガジン「月刊パチンコウォーカー」「就学前の子どもがいるママの為の地域情報誌teniteo」についてご紹介します。

誌面制作は、主に広告制作、編集ページの制作を行います。
入社当初は、決まったフォーマットに情報を流し込む「流し込み」という作業をメインに、媒体の雰囲気やデザインの作り方を学びます。

その後、広告制作や編集ページの制作を経験します。どちらも仕事の流れとしては、

①ラフと素材を受け取る
 ↓
②デザイン制作
 ↓
③校正
 ↓
④修正
 ↓
⑤入稿

広告ページは、営業さんからラフと素材を受け取り、営業さんを介してクライアントさんに校正をお願いします。編集ページは、編集さんとのやり取りとなります。
まず、ラフを元にデザインを作ります。ラフをそのままにつくるのではなく、見やすく分かりやすいように組み替えをしながらページを作ります。

デザインを作ったら、校正を行います。営業さんや編集さんから、「ここを見せたい」「もっとこうしたい」などの意見をもらい、デザインの修正を行います。

ラフと完成した誌面を並べてみました。テキストの配置を見やすく変えたり、読みやすいように記号を付け加えるなどの工夫がされています。

フォントサイズや配置を何度も試しながら、一番読みやすく伝わりやすいページに仕上げます。

フォーマットが決まっているページもありますが、特集ページは毎月デザインが変わるため、一から作る作業となります。

こちらは、フォーマットが決まっていない特集ページです。毎回テーマに沿ったおしゃれで見やすいページになるようにデザインを制作します。


次に、フォーマットが決まっているページです。こちらは毎回写真やテキストが変わります。パズルのような要領で、読みやすく当てはめていきます。


締切間近は忙しくなりますが、出来上がったものが手元に来ると、達成感を感じます。

② WEB記事やサイトのバナー、サイトデザインの制作

次にWEBデザインの紹介をします。
テニテオでは、パチンコウォーカーとteniteoのWEBマガジンがあり、その他各媒体のホームページを運営しています。
デザイナーはWEBマガジンのバナー制作をメインに、自社媒体のサイトデザインなども行います。
バナー制作は、サイトを見た人が「気になる」「読みたい」と思えるような目を引くデザインにすることを目標にデザインを制作します。

③ ポスターやチラシ、ポストカードなど販促物の制作

誌面制作、WEBデザイン制作の他にも、運営事業の販促物の制作を行います。
ポスターやチラシ、ポストカードなど、自社媒体をPRするためのデザイン制作、イベント時にはポスターや案内マップなどのデザイン制作も行います。
ポスターやチラシは定期的に作り変えて、いつも新しい情報をお届けしています。

デザイナーの使用ソフトは主に3つ

画像編集:Photoshop
誌面制作:InDesign
WEBバナー等:illustrator
というように使い分けています。

デザインの仕事において大切にしていること

テニテオのデザイナーがデザイン制作をする上で大切にしていることは、『意味のある、伝わるデザインにすること』です。
デザインは「分かりやすいこと」が一番で、「なんとなくかっこいい」ではなく、見た人に情報が入りやすい、興味を持ってもらえるデザインが良いデザインとされています。

依頼主が何を強調したいのか、どんな人に何を伝えたいのかを聞き、色の使い方や画像、テキストの配置を工夫してデザインを制作します。

デザイナーがやりがいを感じる瞬間っていつ?

若手デザイナーに仕事のやりがいを聞いてみました。
・自分がデザインしたものが形になること
・お客様から感想をいただけた瞬間
この2つをやりがいと感じているそうです。

普段はオフィス内で1日中PCに向かって仕事をすることが多いデザイナーですが、テニテオでは主催イベントなどで直接お客様とお話をする機会がありますので、その際に直接感想を聞くことができたり、お褒めの言葉をいただくことがあります。そんな時、「やってよかった」「もっと頑張ろう」と思えると話していました。

テニテオでは、通年で学生向けのインターンシップも実施しています。
テニテオのデザイナーにご興味を持っていただけた方は、ぜひエントリーしてみてくださいね。

TEXT by

服部 江里