heheader

Atelier HitoBito

icon_homeCOLUMN

企業から見る、新卒採用と中途採用の違いとは?

採用においてよく耳にするワードに「新卒採用」と「中途採用」がありますが、皆さんは二つの違いを知っていますか?新卒採用は、基本的に就労経験がなく初めて社会人になる人たちを指し、対して中途採用は、過去に社会人経験がある人を指します。今回は、一般的な新卒採用と中途採用の違いから、テニテオ目線の違いまでご紹介します!

新卒採用と中途採用の違い
一般的な新卒採用と中途採用の違いってなに?

導入部分でも少しご説明しましたが、新卒採用と中途採用の違いをご紹介します。新卒採用は、初めて社会人になる人たちを指します。基本的に翌年の4月を入社として一括で採用を行います。中途採用は、過去に社会人経験のある人を指します。年齢やスキルも違い、増員や欠員補充のために企業が欲しい時に採用を行うことが一般的です。

双方のメリット・デメリットとは

では、双方に求められていることや、メリット・デメリットについてご紹介していきます。
新卒採用は、就労経験のない人を採用するので即戦力のスキルなどは求められませんが、これからの伸びしろを期待されます。将来自社で活躍してくれそうな人材かというところが採用のポイントになります。
即戦力にならないのに企業が新卒採用を行うのはなぜでしょうか?新卒採用におけるメリット・デメリットを見てみましょう。

新卒採用のメリット
・企業文化が浸透しやすい
・組織が活性化する
・一括で人材の育成ができる  など

就労経験がないので、仕事のクセや固定概念などが無い状態で入社することにより、仕事の仕方や考え方など企業の文化が浸透しやすいことがポイントとして挙げられます。

企業側は、長い期間を同じメンバーで働いていると考え方がマンネリ化しがちです。そこで、若い人材が入ることにより先輩後輩の関係性も変わり、会社の雰囲気も活性化されます。

最後のポイントは、人材の育成についてです。社会人としての基礎知識やスキルなどの育成には時間やコストがかかりますが、一括で採用を行うことで人材の育成も一括で行うことができ企業としても効率的です。

新卒採用におけるデメリット
・学生と社会人のギャップ
・戦力になるまでに時間がかかる
・景気によって変動する  など

学生と社会人の違いで最も大きな違いは、「責任」と言われています。学生時代は何か問題が起きても基本的には個人もしくは親の責任になりますが、社会人になると責任の範囲が大きく変わります。ひとりひとりが会社を代表するスタッフになるので、問題が発生した場合個人の責任ではなく、会社の責任となります。
ですので、仕事への取り組み方や考え方をある程度会社に沿わせる必要があるのです。そこで、今まで気にしていなかったことに指摘を受けたり、細かいチェックが入ったりして、モチベーションが上がらなかったり仕事へのやりがいを見出せず早期離職に繋がることがあります。

次のポイントは、戦力になるまでに時間がかかることです。導入でもお伝えした通り、新卒採用は就労経験のない人の採用を指しますので、入社したからといって即戦力にはなりません。そこで、企業は人材の育成を新卒社員が入社した際の第一歩とします。新卒採用は未来への投資と言われており、新卒社員が将来会社にとって戦力になるよう育てていく必要があります。

続いて、新卒採用は、景気の動向が人材の確保に大きく影響すると言われています。「売り手市場」や「買い手市場」という言葉がありますが、年によって人材の確保が難しい年や採用しやすい年など変動があります。また、新卒採用は社会全体で大きな流れが決まっており、採用活動をスタートしてから実際に入社するまで長い期間があるため、母集団の形成や選考のスケジュールなどタイミングを逃すと予定していた人材の確保が難しくなることがあります。
そのため、新卒採用は企業側の準備が重要になります。

NISH0323

では次に、中途採用について見てみましょう。
中途採用は、他社での就労経験がある人の採用です。自社にないスキルやノウハウを導入するためや欠員・増員など様々な目的で人材を募集します。就労経験がある人を採用するので、企業はビジネスマナーや前職でのスキルはあるものとして採用活動をします。職務経歴書やポートフォリオを提出するのは、経験やスキルを前提としているからです。
では、中途採用のメリット・デメリットをご紹介します。

中途採用のメリット
・即戦力が採用できる
・時間やコストが削減できる
・知識や技術の獲得  など

新卒採用と違い、中途採用はある程度の知識やスキルを持っている人を採用するので、企業にとっては即戦力になります。募集する職種に必要なスキルや資格をあらかじめ提示して募集し条件をクリアした人を採用できます。また、実務経験が豊富なため、管理職の採用も効率的です。

次に、時間やコストの削減が挙げられます。長い採用期間を必要とする新卒採用と違い、中途採用は応募から入社まで数週間~2か月程度が一般的です。また、ビジネスマナーなどを一から教える必要が無いことや、同業種の経験者を採用する場合は業界や実務の研修が必要ないので、研修にかかるコストも抑えられます。

他社で培った知識やスキルを自社で発揮してもらうことにより、会社全体のスキルアップにつながります。また、これまで自社で常識となっていたことがもっと効率化できるなどブラッシュアップする機会にもなります。

中途採用におけるデメリット
・転職の可能性がある
・固執した考え方
・組織のマンネリ化  など

転職をする人の転職理由は様々ですが、好奇心や向上心のある人は数年の経験で次の職種へ挑戦するために転職をしたり、飽き性の人は様々な職種を転々としたりしています。
企業側は即戦力を採用し将来性にも期待しているので、数年で辞めてしまうとなるとせっかく採用をしたのに痛手になってしまいますが、社員にもそれぞれ人生プランがあるので、面接時に将来のことも含めて働き方を擦り合わせる必要があります。

新卒採用では企業の文化が浸透しやすいというメリットを挙げましたが、中途採用では逆のケースが挙げられます。他社での経験から、企業文化にうまく馴染めずモチベーションを上げられない可能性があります。また、独自の働き方に固執し自社のサービスとは相性が悪い場合はサービスの低下につながることもあります。

3つ目のポイントとして、中途採用をメインとすると、新卒採用と違い年齢層が高くなります。それにより若手の育成が遅れ、企業のマンネリ化が問題となる場合があります。若手の育成が遅れると、若手スタッフ自身の成長実感がなく、モチベーションの低下や離職につながります。

入江sン

新卒採用・中途採用には、それぞれ違う目的、メリット・デメリットがあります。企業は、自社の目的に合った採用を行う必要がありますね。

テニテオが考える、新卒採用と中途採用の違いは?

では、テニテオが考える新卒採用と中途採用の違いをお伝えしていきましょう。

新卒採用スタッフに求めるもの

一般的な考え方と同じになりますが、テニテオが新卒に求めるものは「将来性」です。新しいことや面白そうなものに常に興味を持ってくれる方に入社してもらうことで、知識とスキルを身に着け、将来的に会社として重要な戦力になると考えています。また、会社の経営理念や全スタッフ共通基本姿勢に最初から共感してもらうことにより、立派なテニテオスタッフになってくれることを期待しています。

中途採用スタッフに求めるもの

中途採用に求めるものは、はやり「即戦力」です。テニテオでは基本的に人柄を重視した採用になりますが、中途採用ではポートフォリオなど過去の実績を拝見し、スキルを前提に採用を行います。前職で培った知識やスキルをテニテオで存分に発揮していただき、会社・スタッフ全体の底上げのお手伝いをしてもらえることを期待しています。

新卒・中途に共通していることは以下の3つです。

・一緒に働きたいかどうか
・刺激をくれそうな人か
・会社に合っているか

これから一緒に働くことを想像し、「一緒に働きたいかどうか」というポイントを大切にしています。仕事やプライベートの話をすることにより、人柄を見て判断しています。
どの会社にも該当しますが、会社に長く居続けると、仕事の仕方や考え方が固執していまいがちですよね。新しく入社する方には、会社に刺激を与えてくれる人なのかどうかをポイントの一つとしています。社会全体がどんどん変わっていく中で、会社として遅れをとらないよう常に進化しつづけるため、会社に刺激を与えてくれる人を求めています。
最後に「会社に合っているか」です。テニテオという会社を主観的・客観的に見て、「この人はテニテオに合う人なのか?」を考えます。企業の色に合わないと早期離職につながりますので、このポイントもとても大切です。

このように、以上の3つをポイントに、面接時には採点シートを利用して面接を行います。それを元に面接官の印象や考えをまとめて採用を決定します。

テニテオでは通年でインターンシップを開催していますが、インターンシップや経験だけで決めてしまうわけではなく、ひとりひとりの人柄を見て会社と合うのかを吟味し、人柄を重視した採用活動をしています。

NISH0095 - コピー

まとめ

世の中の採用活動、テニテオの採用活動のポイントをお伝えしましたが、いかがでしたか?
新卒採用や中途採用の違いについて、テニテオの採用に対する考え方についてお分かりいただけたら幸いです。テニテオでは、上記のポイントを元に「テニテオで働きたい!」と思ってくれる方を大募集しています。
興味のある方は、ぜひご応募くださいね!お待ちしています!

TEXT by

服部 江里